開化堂の茶筒とは〜開化堂の手作り茶筒〜

京都「開化堂」は、明治八年創業の日本で一番古い歴史をもつ手作り茶筒の老舗です。

開化堂の茶筒は、鑵本来の渋い美しさを楽しんでいただける生地物(地肌を生かした塗装のない茶筒)で、材料特有の絹にも似た手触りと、まろやかな光沢が使うほどに深まってまいります。蓋を茶筒の口に合わせていただきますと、おのずとすーっとしまる精密さは、手づくりならではのものです。
朝夕のお茶時に、手のひらでなでるように使い込んでいただきますと、材料特有の光沢と色の変化を楽しんでいただけると共に、御自身の逸品として御愛用いただけます。

開化堂の歴史

夢と希望を抱く人々の新しい創造への活気が漲っていた文明開化の明治八年。開化堂は、英国から輸入された錻力を使い、それまでにない丸鑵の草分として創業しました。以来、一貫した手づくりで、一世紀を過ぎた今もなお、百三十余もの細かい工程を経ながら、初代からの手法を守り続けております。

Page Top

使い込むほどに味わいが深まる

開化堂の茶筒は、毎日使うことで「手擦れ」により銅の風合いが変化します。使えば使うほどまろやかなつやが出て味わい深くなり、手ざわりも良くなり、手にすると何ともいえないぬくもりが感じられるようになります。

●写真左
(取込盆用120g<銅>)
色変化 1年〜2年経過
●写真中
(平型200g<ブリキ>)
色変化30年〜40年経過
●写真右
(長型200g<真鍮>)
色変化3年〜4年経過
使うほどに特有の色つやの変化をお楽しみいただけます。
銅 色変化
ブリキ 色変化
真鍮 色変化

Page Top